ごあいさつ

お知らせ

2022-11-10 09:18:00

88AE1434-2BCE-4AAA-A2CA-5761ACFED65F.JPG

 

 

近所のSONY寮で電気工事のため、17時まで通行止めです。

 

当院へは国道10号線側(南側)から入れます。

 

よろしくお願いします。

 


2022-11-10 08:48:00

06ACCC2A-A225-4A33-8D6D-2A574F7184A6.jpeg

 

11月26日(土)、27日(日)は鹿児島市内にて

 

オステオパシーセミナーに参加のためお休みさせていただきます。


2022-11-01 20:03:00

40544C49-9058-4FCF-A239-8BC3BDC90F8B.JPG

 

高齢者で基礎疾患をお持ちのかたは、コロナワクチンも大切かと思いますが、

 

やはり大切なのは、体内に侵入してくるウイルスを退治できる免疫力を高めることです。

 

今回は誰でもできる日常的な行動で免疫力を高められる方法を描いてみました。

 

お気軽にお持ち帰りください。

 


2022-09-30 09:00:00

S_gainfriends_qr.png

公式LINE受付中 LINEでチャット、ご予約も可能。

 

 

五感を使ってイキイキと健やかに

 

⬛︎最後の5つ目は視覚について

 

22691271.jpg

 

最近は子供から高齢者までスマホやタレットを見る時間が増えています。

 

その悪影響は眼球の動きが悪くなったり、視野が狭くなっています。

 

脳に送られる外部の情報の8割は目からなのです。

 

目の働きが落ちると身体のバランス感覚が鈍ったり、判断力が低下したり不安定になりやすい。

 

何事もバランスが大事!外での活動も増やしましょう。

 

 

 

⬛︎アイパターンを効果的に

 

23069926.jpg

 

私たちは物事を考える時、決まった方向に眼球を動かす傾向「アイパターン」があります。

 

・右上:未来のことや新しいことをイメージするとき

 

・左上:過去のことをふまえてイメージするとき

 

・右横:音や音声を使って未来をイメージするとき

 

・左横:過去の音や声を思い出すとき

 

・右下:感情や体の感覚で思い出したり創造しているとき

 

・左下:心の中で自分と対話しているとき

 

逆に目の動きにくい方向で、どの思考パターンが苦手か分かります。

 

 

エクササイズの一例

 

心の中で自分を見つめる冷静な判断がしづらくなっている時は 眼球を左下へ動かすエクササイズが有効 往復15回

 

IMG_9340.jpeg

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9