ごあいさつ

カイロ日記

2024-02-16 11:45:00

毎日の立ちくらみ 起立性調節障害 病院で鉄欠乏性貧血と診断され

 

 

 

横隔膜と自律神経の安定( 中3 男子 姶良市 )

 

中学1年から本格的に陸上長距離走を始めたが、9ヶ月した頃に立ちくらみを感じ出した。

近くの病院を受診して、貧血の診断で薬を服用するが、毎日立ちくらみは続いた。

中2の秋に貧血専門病院を受診して、鉄欠乏性貧血の診断で3ヶ月間薬を服用したが変化無し。

その後は1週間に1回の注射(ビタミンB12、鉄)を8ヶ月継続してきた。

 

 

知人の紹介でうるうカイロ院へ


鉄欠乏性貧血にみられる易疲労などの諸症状はもともと無い。

家族の協力のもと、食事も睡眠もきちんと取っている。

以前より数値や毎日の立ちくらみはやや良くなっている。
長距離の練習は普通に行っているが、シンスプリントの下肢痛で時々休む。


立位姿勢を観察すると、上図Aのように常に腹筋が過緊張して見える。

腹筋群を検査すると筋の抑制反応があり過緊張を起こしているので、呼吸システムに無理が生じている。

 

 

 

立ちくらみは

 

立ちくらみは、立ち上がった時に重力によって、

脚や体幹の静脈に血液がたまると血圧も下がる。

通常は自律神経系の働きによって速やかに脳に血液を送るが、

何らかの影響で自律神経がうまく働かず、立ちくらみが起こります。

 

 

 

自律神経の安定とミルキング機能を復活

  

特に持久走の練習後に立ちくらみが起こるので、

横隔神経(19)の出入りする頚椎と横隔膜(21)を調整して呼吸機能を高め、

自律神経の働きを活性化させました。

IMG_7353.jpg

横隔神経(19)  解剖学アトラスより

 

3日後に再来院すると、1回も立ちくらみが出ず、

すごく走りやすくなったという感想です。

さらに4日後に来院では、先週から家族の意志で注射を止めています。
週末は記録会でハードに走りましたが、いまだ1回も立ちくらみはない。
循環改善の効果なのか、シンスプリントの症状も軽減してきました。

1年と10ヶ月続いた症状なので、もうしばらく経過観察の予定です。

 

 

 

                                

 

 

 

2024-02-13 20:26:00

鹿児島アロマ報告会で筋肉のお話をさせていただきました 2024.2.10

51478203-08AF-4DC9-BB54-CB39771BF1BC.JPG

ライカ1920(鹿児島中央駅一番街)会議室

 

                                

 

 

 

2024-02-08 09:48:00

今週末は鹿児島アロマ報告会でセラピストにスピーチさせていただきます

 

お客様がむくみや凝り、痛みを訴えれば、その部位を刺激したくなりますが、

刺激してもなかなか緩まないとか、再発を繰り返す場合、他のところに問題が起きていることが多々あります。

 

 

1.サブラクセーション、エントラップメント等による神経障害

サブラクセーション(脊椎の歪み)による神経根障害

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症による神経障害

胸郭出口症候群、肘部管、手根管、梨状筋などの絞扼性障害

 

 

2.筋肉の起始部、停止部(関節)の構造的不安定

筋肉は1つ以上の関節をまたいで骨から骨に付着している。この間にある関節にフィクセーションやハイパーモビリティーがあると、その筋が収縮しようとしたとき関節に負荷がかかり、関節の固有受容器が興奮して抑制信号が送られる。

 

 

3.筋肉の受容器(筋紡錘、ゴルジ腱器官)の異常

筋紡錘やゴルジ腱器官そのものが障害を受けているケース

過度の使いすぎや打撲やもみすぎで、筋肉の中には緊張や弛緩と関係するセンサーがありますが強い刺激で壊れる。

 

 

4.拮抗筋、共同筋、安定筋の関係

拮抗筋:対側にある筋肉

共同筋:主導筋をサポートする筋肉

安定筋:主導筋の土台となる筋肉

 

 

5.リンパ循環、血液循環の異常

胸郭上口(鎖骨下静脈角)、縦隔、横隔膜、腹膜、筋などの緊張によるリンパ循環の阻害

胸郭出口症候群、閉塞性動脈硬化症、腫瘍などによる血液循環の阻害

 

 

6.ストレス、不安、緊張などの精神的なもの

精神的な影響は姿勢に現れる。肩を落とす。いからせる。猫背など。

自律神経が過緊張を起こせば筋肉も血管も過緊張を起こします。

括約筋の緊張も起こる(オッディ、回盲弁、肛門)

 

 

7.内科疾患や栄養の問題

内臓機能低下による関連筋の問題、関連痛や筋力低下を起こす。

食事の偏り、低血糖によるグリコーゲン、ATP不足。

 

 

8.ファシアの問題

ファシアは筋肉や内臓などを包む膜組織で、全身につながりを持つ。

トリガーポイント:筋膜に癒着が起こり、リンパや静脈の流れが停滞してむくみが起こる。

 

 

9.クラニアル、顎関節などの問題

頭蓋や顎関節の問題は全身の筋に反射性の筋力低下や過緊張をもたらす。

噛みしめによる筋力低下

 

 

10.歩行のメカニズム、姿勢反射、リアクティブ筋などの問題

・歩行のトラブルは主に足部の歪みや靴の問題

・緊張性頸反射などの姿勢反射による筋の過緊張、筋力低下

・リアクティブ筋

 

 

11.その他

目も内臓のひとつで肩こりや頭痛に関係します。

現代では欠かせないスマホの影響も大きいでしょう。

 

 

                                

 

 

 

2024-01-09 21:07:00

2月のアロマテラピー報告会で発表します! ご参加ください

ご縁がありまして、鹿児島のアロマテラピー報告会で

アロマセラピスト向けに筋肉のお話しをさせていただくことになりました。

アロマって香るだけでは無いんですよ!

香りを発する芳香成分にパワーが隠されています。

アロマテラピーの可能性、奥深さを感じてみませんか?

少しでも興味のある方は一度お話しを聞かれてみてください。

私を通してもらえばもう少しお安くなるので、私までご連絡ください。

 

 

 

 

 アロマ活動報告会 鹿児島のご案内 

 

〇開催日:2024年2月10日(土)14:10~16:50(受付:14:00~)

 

 

〇内容 アロマテラピー活動報告 

ナード認定校運営者の日ごろの活動や地元治療家から徒手療法テクニックについて、報告していただきます。 

※ナード・ジャパン会員以外の一般の方もご参加いただけます。 

 

 

〇会場:Li-Ka1920(ライカイチキューニーマル) 会議室 

〒890-0053鹿児島市中央町19-40

 

 

(発表者)

●指宿でのアロマ活動報告 

田村由香(アロマスクール&サロン 香音) 指宿市在住 

・NARD JAPAN認定アロマ・インストラクター 

・MAアロマセラピストスクール 

・エフェクティブタッチフェイシャル資格認定セラピスト 

 

 

●アロマトリートメントの効果を高める 

~なかなかゆるまない抑制筋肉の基礎知識~ 

潤昭治(うるうカイロプラクティック) 霧島市在住 

・日本カイロプラクティック師協会 指定院 正会員 理事 

・九州カイロプラクティック同友会正会員 

・日本徒手療法師会 会員 

 

 

●テーマ:活動報告 

・楠田喜子(フィレール アロマセラピースクール) 鹿児島市在住 

・NARD JAPAN認定アロマ・インストラクター 

・放射線技師 

 

 

●リンパドレナージュと免疫 

岩見友香(アロマテラス) 熊本市在住 

・NARD JAPAN認定アロマ・トレーナー 

・NARD JAPAN認定アロマ・セラピスト 

・日本アロマセラピー学会評議員 看護師 

・統合医療機関 みゆきの里内顧問 

・熊本市新市街松本外科内科医院(むくみ・リンパ浮腫専門外来担当)

 

 

●抗菌アロマテラピーの考え方 

西別府茂(プラナロム正規卸販売店 アロマテラピー西別府) 福岡市在住 

・NARD JAPAN認定アロマ・トレーナー 

・NARD JAPAN認定アロマ・セラピスト 

 

 

●健康に生きる精油の知識の有用性 

川路美穂(月桃アロマテラピースクール) 鹿児島市在住 

・NARD JAPAN認定アロマ・トレーナー 

・NARD JAPAN認定アロマ・セラピスト 

・栄養士 

 

 

〇参加費:5,000円(前入金:4,000円) 

前入金は、PayPay、銀行振込、PayPal(クレジットカード)に対応しています。 

※ご入金後の返金は致しませんのでご了承いただき、ご入金ください。 

 

 

(懇親会) 

TANTO TANTO 鹿児島 

鹿児島市中央町1番地-1アミュプラザ鹿児島5階 

https://tanto-tanto.com/cr2560/

懇親会参加費:7000円(セミナー開催後19時スタート:受付18時45分~) 

※要予約:お料理を予約いたしますので、当日、欠席される場合でも、返金は致しかねますことをご了承ください。 

 

 

お申込みURLhttps://ws.formzu.net/dist/S60190274/

お申込みQRコード 

 

 

                                

 

 

 

2023-12-13 18:34:00

セルフトレで治療の相乗効果UP! 自宅で行うエクササイズの指導も行っています。

IMG_6462.jpg

 

 

問診・検査・治療から効果的な運動を探ります!

 

一般施術や一般施術フルコースにプラスしてセルフトレーニング指導(約30分)も行っています。

 

エクササイズの内容は目的や年齢、身体の状態に合わせて変わります。

 

例えば写真のKさん(60代 女性)は長年、長時間座りっぱなしで洋裁をされ、肩こりに悩まれます

 

施術をすれば肩こりもスッキリ軽くなるのですが、毎日同じ仕事のクセで再発しやすいのです。

 

仕事で使うところは過剰に使い、それ以外は筋力低下が起こってしまい、アンバランスなのです。

 

巷にはラジオ体操をはじめ、ヨガや太極拳など様々な運動がありますからそれも効果的でしょう。

 

セルフトレは、Kさんの身体のクセに的を絞って、ピンポイントなエクササイズと適度な自重トレーニング(アイソメトリック)を行います。

 

立位、座位、臥位のバージョンがあって、時間によって単発でも組み合わせもOKです。

 

 

 

 

失われた筋肉の機能連動性を復活させます!

 

筋肉の①拮抗筋、②協働筋、③安定筋という仕組みをご存知でしょうか?

 

①拮抗筋は、例えば肘を曲げるときに上腕二頭筋が収縮すれば、その対側にある上腕三頭筋が拮抗筋として伸張します。

 

もし何らかの影響で上腕三頭筋に過緊張があれば、スムースに弛緩できないので、上腕二頭筋は無理がかかってしまい痛みを起こしやすいのです。

 

このように拮抗筋の影響による肩こりは、胸筋、背筋、対側の僧帽筋など様々な筋肉が考えられるのです。

 

 

②協働筋は、例えば歩行で足を前に踏み出すときに必要な筋肉は、太ももの前面にある大腿四頭筋ですが、

 

歩行時に脚が左右にブレないように、外側では骨盤に付着する中殿筋、内側では内転筋などが働いて安定を図っています。

 

何らかの影響で中殿筋や内転筋が過緊張や弱化すれば、不安定な歩行になって膝が痛くなったり、膝の治りが悪くなったりするのです。

 

 

③安定筋はクレーン車の土台部分をイメージすると分かりやすい。

 

上肢を使うために肩甲骨が土台となったり、上半身をうまく使うために骨盤周囲が土台となったり、支えとなる筋肉です。

 

 

Kさんにはこれら3つの役割を徐々に復活させることで、筋発達のアンバランス修復、偏った姿勢の修復、痛みの再発を減らします。

 

このようにセルフトレーニング指導は、お一人おひとりに合った自宅で行うエクササイズを指導します。

 

料金等はトップ画面の『予約&明細』でご確認ください。

 

                                

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...