日記

2021-06-30 17:20:00

健康寿命を伸ばします!

日本人の平均寿命は2017年で男性81.09歳、女性87.26歳。

健康上の理由で日常生活が制限されない期間の健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳

簡単に言うと死ぬまで不自由に過ごす期間が男性で8年、女性で12年もあるということです。

問題になるのは筋力や認知機能など。

うるうカイロ院ではみんなに平均寿命まで元気に暮らしていただきたいと考えます。

そのために40〜60代の方へ、今注意すべき事を伝えています。

2021-06-29 23:35:00

思い出作り

湧水町から中学生が来院。

ほんとコロナ禍でどこにも行かずに自宅にこもっているらしい。

頭の良い子だから、親の仕事に影響したらいけないと認識していて辛抱している。

来週は修学旅行があるということで楽しそうだった。

数回の延期と県外から県内の旅行に変更になったが、友人らと一緒に行動できるのが楽しみと。

楽しい思い出を作ってきてほしい。

 

2021-06-28 20:45:00

積極的休養ってご存知ですか?

心臓から運ばれる血液には酸素や栄養が含まれ、全身にめぐることで体は機能します。

使った後の老廃物も運んでくれる無くてはならない存在です。

使いすぎや慣れない動作をすると体は疲れて筋肉も硬くなり、血液の流れが悪くなります。

これらの回復を早める方法として積極的休養があります。

やり方は簡単! 軽いジョグやウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

交感神経の過緊張もリセットできたりするのでお試しください。

 

2021-06-25 21:08:00

足で体の中心を意識する

スクリーンショット 2021-03-30 11.10.45.png

赤丸で示す舟状骨

猫背や下っ腹の出た姿勢で、つま先重心になっている方が多いです。

センターで立ってくださいと言うと、よく分からないとおっしゃる。

やり方は簡単です!

まずは極端なつま先重心になり、次に踵重心になってみる。

つま先と踵が意識できると、中心の舟状骨を意識しやすい。

足裏に意識してみてください。

 

2021-06-24 21:00:00

大腿骨頸部の強化に歩きましょう!

高齢者が転倒した時に骨折の多い大腿骨頸部。

本日は半年前に膝の手術をされた女性(60代)が来院されました。

膝の変形に至った不具合(下腹部縫合の癒着や骨盤の歪み等々)は残ったままなので、立ち座りや歩行がしづらい。

運動不足解消にエアロバイクを購入されたそうで、少しずつ漕いでいます。

エアロバイクは有酸素運動にはなるが、大腿骨頸部には負荷が掛からないのです。

やはり、しっかり歩けるようにして転倒に強い骨にしていきたい。という話し合いでまとまりました。

1 2